FC2ブログ

有花もえがまずまず良かった件

美・処女 BI-SHOJO 有花もえ

有花もえ

2,036円~


リリース2日目の朝に754だと、2月の新人レースには絡まないとは言え、この数字って秋吉花音より良いんですよ。正直に言いまして僕はELOCHO監督の手腕に関しては秋吉花音の作品見て以来疑問符だし、このデビュー作で1本番のみというのはちょっと食い足りない。ただ、食い足りないと思わせたのがこの子の力でもあるのは事実で、このまま訴求力が落ちていくのをじっと見ているのも何だかなです。

余りにもパケが違いすぎるとか色々ご意見出てきていて、まあそこはデビュー作には有りがちな反応なんですが、僕はこの子可愛いと思いますよ。ボディもフンワリとした色白で美乳だし。佐々波綾くらいの数字を叩き出しているのも納得です。何より処女なのにセックスが痛々しくないのがいい。なんでMAX-Aからデビューしちゃったんだろうという中々の良嬢です。流れに乗れるといいなあ。

テーマ : AV紹介
ジャンル : アダルト

2017-02-25 : マックスエー : コメント : 0 :

あの秋吉花音が…

一度は経験してみたい!!美少女泡姫桃源郷 秋吉花音

秋吉花音

2,036円~



<秋吉花音(かのん) 淫タビュー>スマホでAV見ながらクリタッチ♪1日2〜3回の発情自慰(http://news.dmm.co.jp/article/993058/

この感じをデビュー作で出してたら爆発的に売れただろうに。僕はこの子業界でも指折りの可愛い子だと思うんですけど、2作目以降は売れてるんでしょうか。

テーマ : 人気AV女優
ジャンル : アダルト

2017-01-10 : マックスエー : コメント : 0 :

新人DEBUT!! 秋吉花音

新人DEBUT!! 秋吉花音

秋吉花音

2,036円~



マックスエー作品をレビューするのは初めてです。今回取り上げたのはたまたまdmmの売れ筋にポンと出てきたこの作品のパケに眼を奪われたからです。お〜可愛いな。マックスエーだしなあ。マックスエーと言えばあのマックスエーですので最近ヒットらしいヒットを飛ばせていないとは言え、彩乃ななというフランチャイズプレイヤーを抱え、「美少女」のスカウティングに関しては決して衰えていないメーカーなので、ちょっと動いている彼女が見たいとの動機で購入。そもそもサンプル画像が可愛いじゃないですか。スレンダーになった逢沢るるという感じで。え?そんなの需要ない?Gカップじゃない逢沢るるに興味はない?いや、僕はこの子の顔も体も大好きです。でもね、残念だけど多分この子は売れません。リリース5日でお気に入り数555。見切るのは早すぎますがちょっとこの数字はもう絶望的です。こんなに可愛いのに、こんなに初々しいのに、こんなに美味しそうな体してるのに、とってもいい匂いのしそうな可愛らしい子なのに、なぜ555しかついてないか。とりあえず中身を見ていきましょう。

まずはインタビュー、初脱ぎ。このインタビュー・初脱ぎで彼女は「ヤバイ、恥ずかしい」を何回言ったでしょうか。この子の体は本当に綺麗です。顔も眼のぱっちりした南国顔。陰毛も薄く、全体的にフレッシュさと清潔感が漲っている感じの子です。なんて可愛いんだろうと思います。ただ、残念ながら僕の印象には「ヤバイ、恥ずかしい」が一番残りました。お気の毒です。この子は毎日オナニーすると言っていたんだけどそこを上手く掘り下げられなかったかな〜。とりあえず先に行きましょう。

第2パートはフェラ。ここで出てきたお汁様がなかなかの褒め上手で、秋吉花音も結構できる子なんですよ。何せ顔はピカイチで可愛い。ぷっっくりした南国リップなのでとてもフェラ映えする。決してボリュームがあるわけじゃないけど、彼女のオッパイものすごく綺麗です。ところがちらちら監督の方を見ながら「やんなきゃだめですか?」「私泣きそうなんですけど」となんだか心の声が聞こえてきそうです。横たわったお汁様を舌先で刺激しながら左手でしごくとお汁様射精。発射は口内へ。どう精子と監督、白いと花音ちゃん。イカせられたから成功ですかねと監督。

第3パート、貞松と本番。一貫して少女らしいパステルな可愛らしいコスチューム着てるんですよ。本当に可愛いです。緊張です、ヤバイです。「なんかレストランの人を襲ってましたよね」と秋吉花音。貞松をどうも他の作品で見たことがあるようです。緊張で泣きそうになっている秋吉花音を前に貞松の方針は決まりました。小池里菜の時みたいに現場を壊さないことを最優先にしようと。耳を舐めるといやっと首を避ける秋吉花音。笑いながら興奮してきたと貞松。多分、全然貞松興奮してません。多分どうやって「最低限のセックス」に持ち込むか。それを必死で考えているのでしょう。超汗かきました、ヤバイ、緊張する、秋吉花音が言うのはそれだけ。ブラとパンツまで剥いた秋吉花音はブラの上から胸を隠しているわけですが、その胸元にちゅっと軽くキス。ブラを取ると秋吉花音は手ブラ。基本体は逃げているし、乳首を舐めようとする貞松の舌から逃げる花音。気持ち良いが「嫌だ」に聞こえる。それでもさすが貞松、秋吉花音に自分でマンコ触らせます。どう?と尋ねる貞松に「結構濡れてる」と秋吉花音。というわけで手マン開始。ゴールが見えてきた。この場合貞松にとってゴールとは秋吉花音を泣かせず、ガッツリ挿入して、幾つかの体位を見せて、自分が射精すること。1本の指で秋吉花音をほじくります。気持ち良い?と尋ねると気持ち良いと答える秋吉花音。今度は寝かせて1本指。気持ち良いとこ教えてと貞松。膣壁腹側に指を当てると頷く秋吉花音。ぐっちゅぐっちゅ音が聞こえます。でも嶋野遥香にしたようにはやりません。なぜって、貞松の戦略は「負けないセックス」に決まってしまったから。フェラをさせても軽くイラマはしません。ここでシックスナインを挟みます。もうクンニされると体がシビれちゃってフェラまで行かないという感度の良さ。全てが惜しい秋吉花音。抜群に可愛いし、感度もいい、体も綺麗で、おそらくセックスも好きだし、かなりやってきている。なのに貞松の判断は負けないセックス。「AVは非情さ」とシャアの声が聞こえてきそうです。ここで貞松挿入です。ようやくここまで持ってきました。気持ちいいと秋吉花音。メリっメリっと入っていきます。入ると色っぽい顔になるんですよ。体位は正常位から座位、バック、騎乗位(M字開脚のやつ)、激しめの大島固め、そして正常位。胸に出していいと貞松。いいよと秋吉花音。フィニッシュは胸射。ミッションを完了したすがすがしい瞬間です。

気持ち良かった、頭真っ白になったと言う秋吉花音、おそらくウソじゃありません。とても紳士的でしたと彼女。そりゃね、貞松だし。ただ監督はよく見ていました。男優さん(貞松)も手マンや突くのも、かなり途中で止めてくれたりしてたんだよと。EL OCHO監督よく分かってます。分かっているのに、秋吉花音にどこまでできるか確認しなかった、貞松にどこまでやらせるかも決めておかなかった。それが本当の大問題です。この作品の出来を大きく損なってしまいました。そして多分、その大問題が監督には分かっていなかったし、秋吉花音本人にも分かってなかった。

第4パートはおもちゃ。男優は大沢。ビキニからのスタート。大沢はとてもノリの良い男優です。とにかくローターで好き放題に弄りまくります。そして極太バイブ挿入。このバイブたっぷりローション塗ってありますね。顔をしかめますが彼女割とバイブは好きなのかもしれない。しかしこんな極太の長いバイブよく入るなあ。この子はインタビューの時に毎日オナニーしますと答えていて、どうやってオナニーするの?と尋ねたら恥ずかしくて言えませんと答えた。持ってますね、バイブ。バイブで突くのは激しい方がいいと言う秋吉花音。そう、出来ない子じゃないんですよ。そして電マ。そして大沢はバイブと電マ両方で攻め始めます。どれが良かった?という質問に秋吉花音「バイブ!」と即答。中派です

その後のトーク、なかなか面白いですよ。なんでこんな子なのに本番で力が出せないんだろうって思いますね。

第4パートは男優大沢と本番です。貞松と違って遠慮のない大沢、早々に秋吉花音を剥いてしまいます。チンポの触り方いやらしいんだね、と大沢。これデビューセックスで言ってたら泣いてたんじゃないでしょうか。チンポ好きなの?と大沢。美味しそうに秋吉花音の美乳を味わいます。乳首舐めから脇舐め。大沢のねちっこさよ、遠慮の無さよ。このあたりから秋吉花音、ちゃんとギアが入りました。マンコ濡れちゃってるね、ぐちょぐちょでしょ?と大沢。パンツは染みています。ばっくり開いたマンコのクリトリス刺激します。テカテカと濡れているのがよく分かります。大沢大きな音を立ててクンニ開始。そして手枷。秋吉花音のマンコを隠そうとしる手を拘束です。大沢は2本指でぶっしゅぶっしゅとほじくります。いやっ、出ちゃうと彼女。吹きました。どっばどばに濡れてる指を見せる大沢。シーツにも染みができています。潮で盛大に濡れた尻、マンコを全部舌で拭き取ろうとする大沢。されるがままの秋吉花音。後ろから手マン。湿った音がします。そしてフェラ。カッチガチ勃起した大沢、入れたくなっちゃった、入れてもいい?と尋ねる。秋吉花音頷く。壁に手を着かせて立ちバック開始。次は前から、左足を上げさせて立ったままハメます。駅弁すりゃいいのに。と思ってたら駅弁開始。そして騎乗位、バック、背面騎乗位、横ハメから正常位。フィニッシュはガンシャからお掃除フェラ。気持ち良かったのは駅弁と背面騎乗位だったそうです。

感想:秋吉花音、脱ぎ損です。
秋吉花音と守屋かなのポイント差は500ポイントくらい。同じくらい弱いメーカーにいる可愛い女の子で、実力がなかなか出せなかった秋吉花音と弾けまくった守屋かな。これがプレステージから作品を出した鳳かなめならリリース2日くらいで6000まで行ってしまう。この差は何なんでしょう。デビュー作は初々しくて、泣いちゃうぐらいが丁度いいという考え方があります。今日現在この作品についている唯一のdmmレビューもそういう立場なんでしょう。現に橋本ありなも泣いてしまったし、アイポケの相沢みなみも泣いてしまった。それがダメだというのでもない。でも監督にせよ、貞松にせよ、この子が泣いて現場が壊れることを避ける為、ちょっと気を使いすぎました。そういう緊張感て、我々に伝わるんですよ。とてもセックスアピールの強い可愛い顔で、体も自然が作った宝石かというくらい綺麗。セックスだってリラックスしていたらできる子なんですよきっと。でもダメだった。リリースから5日でお気に入り数555。最近のマックスエーの新人の中ではまあボチボチという数字です。でもこれはハッキリ言ってしまいますが、この子はとても類稀なものを持っていながら、愛される要素を多く持っていながら、デビュー作でファンを獲得するのに失敗したかなの感があります。初脱ぎと、緊張感でガチガチの初セックス。あれが全てです。監督はちゃんと説明したんでしょうか。デビュー作は専属単体にとって、ファンを掴むものだってことを。だから最初から羞恥心を振り払って、キッチリギア入れてやらないとダメだよって。多分そこは監督も女優も分かってなかった。分かっていたのは貞松と大沢だけで、貞松は現場を壊さないようにそつなく仕事をこなし、大沢は貞松が耕した畑に種を蒔いたそんなところでしょう。でもこのままでは秋吉花音、脱ぎ損ですね。まったく。


恥じらいSEX 初体験4本番 秋吉花音

秋吉花音

2,036円~

テーマ : AV紹介
ジャンル : アダルト

tag : マックスエー 秋吉花音 EL OCHO

2016-09-29 : マックスエー : コメント : 0 :

マックスエーの時代

マックスエーの時代と言っても僕が何か新しいことが言えるというものでもないんですが、今dmmで行われている懐かしの女優セールに多くのマックスガールが含まれているのを見て、ああ、彼女も、あの彼女も、マックスガールだったなぁと懐かしくなってしまった。当時のマックスエーって僕の印象では可愛い子しか集まらないメーカーという印象だった。可愛い子はまずマックスエーでデビューして他へ行くみたいな。AV業界のコートジボワール(象牙海岸)、それがマックスエーでしたね。dmmで取り扱いがあるのは2006年頃の作品からになっていて、マックスエーの設立が果してその頃なのか、あるいは母体となるビデ倫系の会社があったのか僕は知らない←調べろよwww

黄金伝説 蒼井そらの原点

蒼井そら

308円~


蒼井そらが黎明期のマックスエーに出てたの僕は知りませんでした。彼女は今でも抜群の知名度があります。蒼井そらがエスワンに来たことは事件だった。当時AVについて(セル作品について)大して知識の無かった僕にはその事件の意味が良く分からなかったものだ。

【復刻版】熱風 柚木ティナ

Rio(柚木ティナ)

308円~


そして当時柚木ティナという名前だったRioがデビューしたのはマックスエーだった。僕には彼女のデビューこそが事件だった。後に彼女もゴタゴタを経てエスワンに移籍し、名前をRioと変えた。無傷ではいられない事情があったんでしょう。

スター誕生。 小川あさ美

小川あさ美

308円~


同時期にマックスエーにいたのが小川あさ美。彼女もエスワン、プレミアム、アイポケとCA系のメーカーに移籍し、ステージを上げた女優だ。

ミヒロイズム みひろ

みひろ

308円~


みひろも同時期の女優だったなぁ。みひろはジュニアアイドルからデビューしてマックスエー、後にエスワンへ。みひろの遺産と言うべきか分からないけど、エスワン内にみひろの後継者という意味合いのトゥルリラというレーベルが出来てルカリナ、渚ことみ、市川まほがデビューする。彼女たちのデビュータイトルは直球アイドル。エスワンの中には直球アイドルへの夢が長いこと燻っていて、その夢は橋本ありなに実を結んだ。

ようこそ Max Cafeへ! 吉崎直緒

吉崎直緒

308円~


その後くらいに吉崎直緒がいたのも覚えてる。とてもグラマラスで美形な女優だから、移籍するときはエスワンでもアイポケでもなく、プレミアムへ移籍した。当時プレミアムはCAでもかなり格の高いメーカーだった。

New Comer 恋小夜

恋小夜

308円~


恋小夜のデビューはマックスエーだった。僕はマックスエー時代の恋小夜を知らないんだけど、Beauty Venus 2で初期のアイポケのブランドイメージを大いに高めた女優だった。

New Comer 原更紗

原更紗

308円~


原更紗、今は夏目彩春もマックスエーからアイポケへと移籍した女優。彼女は今でも本当に根強い人気がある。

こうして並べていくと、マックスエーに関して皆さんは識者でいらっしゃるんで、あいだゆあは?桜木凛は?二宮沙樹は?月城ルネは?椎名ゆなは?と次々名前が出てきそうで怖いんですが、まぁこんな風にCAはマックスエーから即戦力を手にいれてた。それもフランチャイズを何年にも渡って支えてくれるような逸材をマックスエーから手に入れていたわけです。

その後マックスエーでデビューしてマックスエーで終わる女優が出てきます。

New Comer 小倉奈々

小倉奈々

308円~


その代表と言うとやっぱり2010年デビューのオグナナでしょうかね。

New Comer Maria Eriyori

マリア・エリヨリ

308円~


そしてマリア・エリヨリ。

New Comer 現役国立女子大生 処女のままAVデビュー!! 香澄のあ

香澄のあ

308円~


香澄のあもね。

そう、今回のセールでは香澄のあ辺りまでが懐かしの女優になるみたい。えー!って思うわけですよ。全然懐かしいとかしゃないし、昨日のことみたいに思ってるんだけど、オグナナや香澄のあ、懐かしの女優?って。

New Comer ナチュラルビューティー 二階堂あい

二階堂あい

308円~


オグナナ後だと僕は二階堂あいとか、

New Comer 身長178cmの彼女は好きですか? 司ミコト

司ミコト

308円~


司ミコトの印象強いですね。

Super☆Star 彩乃なな

彩乃なな

308円~


でも今のマックスエーのフランチャイズプレイヤーとなると彩乃なななのは間違いない。

この話に落ちはありません。dmmのセールに絡んだとりとめもない話に過ぎません。ただ、1つだけ。僕はマックスエーのAVを当時新しいなと思いました。しかも厳選された可愛い子ばっかりで、その質の高さに度胆を抜かれました。多分今見てもそう思うんじゃないかな、なんて思いながら今回のセール品を眺めています。

テーマ : AV紹介
ジャンル : アダルト

2016-08-25 : マックスエー : コメント : 0 :
ホーム

スポンサード

スポンサード