FC2ブログ

プレミアムの格

敏感ボディを加速させるノンストップ連続絶頂 紗々原ゆり

紗々原ゆり

1,980円~



紗々原ゆりがプレミアムに移籍というのを知ってほっとしました。彼女はアイポケの現役女優の中でファーストインプレの数字が2番目に高い女優でした。何せパブにほとんど出てこない、悩ましいことだけど、作品によって出来にバラツキがあり過ぎるなど難点はありましたけど、デビュー作で5000を出せる力は無視できません。その彼女が引退ではなく移籍だったのは嬉しい限りです。ただプレミアムは昔のプレミアムではありません。その昔プレミアムというと、僕ら古いAV廃人から見ればアイポケより格の高いメーカーでした。

THE PREMIUM V.I.P

かすみりさ

300円~



その昔、プレミアムというのはアイポケがゴージャス、スタイリッシュを標榜していた時代に、そのアイポケにさらにプレミアムがついた存在といった格がありました。例えばこの作品は小川あさ美、冬月かえでが出演していますが、彼女たちの全盛期はプレミアムでのキャリアです。その他にも名だたる女優がプレミアムでデビューし、巣だっていきました。今もなおプレミアムに力があったらたかしょーが無敵から移籍した先はプレミアムだったかも知れません。

直接的にはプレミアムの凋落は(ごめんなさい)、Rioがアイポケに移籍してしまったことが決定づけてしまったかなと僕は思っています。当時はまだ若い女の子中心のアイドルメーカーだったエスワンから、大人の女を演じられるアイポケに彼女が移籍したことは、恐らく多くの第一線で活躍する女優を刺激したことでしょう。

横山美雪はプレミアムで1本撮影したあとアイポケに移籍しました。やはり彼女もkawaiiが自分の背丈に合わなくなってアイポケへと移籍してきました。

希志あいの、かすみ果穂、原更紗と移籍組の女優陣が充実し、希崎ジェシカ、天海つばさ、希美まゆといった生え抜きが育っていくに従い、プレミアムとアイポケの「プレミアム感」は逆転してしまいました。恐らくその後に続く冬月かえでのアイポケ移籍はプレミアムへの最後の一撃だったのではないでしょうか。

そもそもアイポケが再建の途上にあるなかで、プレミアムがとうなんて話じゃありませんが、紗々原ゆりは良い補強だと思います。ツボにはまれば爆発力のある子なので大切にしていただきたいと願っております(って実は企画単体扱いのスポット起用だったりして。)

テーマ : 人気AV女優
ジャンル : アダルト

2016-11-08 : プレミアム : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

スポンサード

スポンサード