FC2ブログ

「私、もっと気持ちいい事が知りたいです」戸田真琴 19歳 初めて尽くし4本番

「私、もっと気持ちいい事が知りたいです」戸田真琴 19歳 初めて尽くし4本番

戸田真琴

1,980円~



お久しぶりです、くろがね阿礼です。実はこの前のレビューで、戸田真琴ご本人から栄えあるこれから買おうか悩んでいる人に読んで欲しいです賞をいただきました。感謝です。というわけで2作目参ります。

1パートは男優玉木。イケるツボを探しましょうという回。玉木もいい兄ちゃんなんだよなあ。戸田真琴の喘ぎ方、日本のAV的にはおじさんたちの股間直撃ですが、アメリカとかだと幼い感じの女の子が無理やりヤられてるんじゃ疑惑で倫理規定に引っかかりそうな感じです。まあでも日本語が分かる僕らは戸田真琴、かなりキテるのが分かるわけです。玉木も唇の合わせ方、逃がし方、滑らせ方が上手い。オッパイ感じると言う戸田真琴。オッパイどうされると気持ちいい?と玉木に、直接触ってほしいと戸田真琴。この子とってもイヤらしいです。この部屋少し気温高めなんでしょうか。戸田真琴うっすら汗ばんでいます。そしてグレーのキャミソールを脱がすとオッパイ、あれ・・・サイズアップしてませんか?成長期ですからねえ。サイズ云々もそうなんだけど、本番に向けてキッチリ高めていくこの子、本当に準備がいいなあと。監督孝行ですよ。とにかくすごく感度が良くて、まあ女の子も色々ではあるんだけど、この子、セックスから受け取れるものが多い体の持ち主なのかもしれない。舐めてほしいという要望に玉木、乳首舐めで応えます。なかなか美味しそうな乳首じゃないですか。玉木は脇腹、背中と舌を這わせ、最後は耳を舐めながら乳首です。これだけで体のコントロールを失っていそうな感じですね。でもカメラは彼女のちょっとした笑顔を捉えていました。腰もじもじしてるという玉木の指摘で足を開かせると、パンツに染み。どうなってる?濡れてますと戸田真琴。ええ、確かに濡れてますね。玉木は乳首とクリ2点攻めを開始。クリを下からまくり上げるように刺激すると戸田真琴、グッと反ります。玉木は乳首を舐めながらクリ攻め。ここからは玉木にお任せです。パンツ脱がしてそのまま置いとくのは勿体ないので玉木はこれを羞恥プレイに使います。そしてマンコに指を這わせ、糸引いてると教えてくれます。恥ずかしくて泣きそうなのに、気持ちいいことは味わいたいといった様子。もっとしちゃうよ、と玉木。毛の生えたふっくらした饅頭のようなマンコにクンニ開始。これが玉木、なかなか美味しそうに舐める。戸田真琴もこのあたりで凄くテンションが上がっています。まこりん、クンニ味わえてますか?なんか体ビックンビックンでとてもいいです。泣きそうです。イっちゃった?そうだと思いますと戸田真琴。次からは〜逝きそうとか言葉で教えてね、と玉木。なんかスポ根モノみたいです。そして次は指です。中指と薬指挿入。しかも玉木はクリを舐めっ放し。まこりん、これ好きでしょう?イケてないと見た玉木はお腹の方に指を当てて中を掻き交ぜます。そしてお約束の潮です。さてここから攻守交代。フェラからです。ただ、処女扱いに慣れている玉木のことだから、結構彼女のフェラには驚いたのでは?処女の子独特のもぐもぐフェラではなく、高校2年、体験人数5人くらいのなかなか立派なフェラをするので楽しいです。吉村たくぼんの教えが効いているか。そして玉木が挿入。なんだか挿入された時の顔が橘梨紗に微妙に近くなってきました。まずは正常位で味わいます。玉木、いいお兄ちゃんですが、なかなか容赦なくえぐります。戸田真琴、とてもいい顔をしています。激しい正常位からの突きでビックンビックン、戸田真琴イケたと教えてくれました。次の体位は座位からの騎乗位。騎乗位は確か貞松にリードされながらやってました。玉木は下から突きます。お尻の肉も揺れています。こう、なんかやっぱり戸田真琴、サイズアップしてますよ。玉木の唇を貪る戸田真琴。そして次は玉木、Gスポット刺激からのハメ潮を狙う体位。そこから玉木はバック。ああ、これはいい画だ。玉木チンコ太いです。そして後ろからガッツリ入ってます。そしてデビュー作からずっとだけど、戸田真琴のバックの受け方がすごく綺麗。このチンコもたっぷり味わってください。やっぱこの子はバックが好きなんだよなあ。両腕を握り、体を少し起こさせるバック。次は座らせてのバック。このバックの時は体をちゃんと起こしてオッパイ見せた方が女の子の体のボリューム感が伝わっていいんですよ。そして玉木、今度は背面騎乗位とクリの2点攻めです。べっちょべっちょ音がします。次は玉木、大島固めからの乳首舐め。何回イった?と玉木、数えてないと戸田真琴。正常位に戻して玉木ズボズボ突きます。そしてチンポからの刺激と体全体の快感が繋がるようベロチュー。M字に足を開いた戸田真琴に玉木は力強くピストンを入れます。俺も気持ち良くなっていい?と玉木。いいですと彼女。ラストスパートです。顔に出していい?と玉木。フィニッシュはガンシャ。とても優しい戸田真琴はお掃除フェラもしっかりやってくれます。

パート2は待ったました、我らが黒王子、小田切シュンです。暗めの部屋という舞台設定が最高です。上半身裸のオダギリ。戸田真琴におもちゃのご提案です。戸田真琴はピンクの電マを取ります。「あっ、それ選んだ!」と驚かせるオダギリ。この辺りからオダギリの羞恥プレイは始まっています。黒王子オダギリ、手枷をハメて自由を奪います。これがなあ、初対面のオダギリじゃなく貞松だったらまた違ったんでしょうけど。ローターで乳首刺激、あんまり気持ち良くないと戸田真琴。そうでしょう。それがオダギリのプレイなんです。オダギリのプレイでドM覚醒するかそれともオダギリNGになるか際どいところです。今度は大股を開かせてのパンツ観察。あれ?と白々しいオダギリ。クリトリスへローターを当てます。感じるんだけど、どうもオダギリに親近感が持てないのがアリアリの戸田真琴。キモチいい?とオダギリ。屈辱的な表情で頷く戸田真琴。パンツをローターに入れて直接刺激。固定ローターだるまさんが転んだです。パンツの上からオダギリ、ローターをクリに押し付けます。キモチいいでしょう?と言いながらオダギリは乳首舐め。スカートを脱がしてローターを当てているオダギリ、目が座ってます。そしてオダギリ、次は電マ。乳首に当てます。上も下もすごいでしょと黒王子。初めてのキモチ良さでしょう?と黒王子。なんというか、この感じ、陵辱に限りなく近い。次にローターの当たっているパンツの上から電マ。これヤバくない?とオダギリ。キモチいいんだけど屈辱的、屈辱的だけどキモチいいとなってくれるといいんだけど。やめ〜と聞こえたのでオダギリ一瞬止めます。大丈夫と戸田真琴。頑張った!でもパンツを脱がして今度はマンコに直接電マ。大丈夫そうじゃないねえと言いながらオダギリ、まこりんのマンコからの糸引きを確認します。戸田真琴体は逃げていますが、オダギリは執拗に電マを当てます。相変わらずドSだなあ、オダギリ。どう、このオモチャ、癖になりそう?とオダギリ。まこりんしばらくオモチャにトラウマなんじゃないかwww そして次はバイブ。これマンコの中に入れたらキモチいいんだ、ズブズブって。とか言って恐怖を煽るオダギリ。怖い・・・と戸田真琴。そりゃそうだwww これも屈辱的でしょう。でも結局ね、彼女汁の量が多いから受け入れられちゃうんですよ。いい画だなあ、後ろから入ってるバイブ。オダギリはズボズボ入れます。はい、悪い人が道具を使っていたいけな女の子をオモチャにしている図です。そうしている間に乳首にあのショッキングピンクの電マを当てています。悪いおじさんだこと。そしてオダギリはバイブをぶっさしながら戸田真琴の唇を奪います。これはいい画だ。大丈夫?と労いブラを取ります。そして戸田真琴に向けてオダギリ棒びろーん。いたいけな女の子をいじめた後だけあってなかなかいい勃起具合ですが、しゃぶったらもっと固くなるからさあ、しゃぶってよとオダギリ。フェラ開始です。手枷をまたハメてのフェラ。オダギリギンギンです。まずは背面騎乗位からのスタート。座って余裕のオダギリと入れられている戸田真琴。ここからのセックスは戸田真琴、とてもキモチよさそうには見えないんだけど、画的にはとてもいいものに仕上がっている。全編を通じてなんですが、戸田真琴、デビューの時より体がとても綺麗になってます。フォルムもラインもボリューム感もとてもいいです。だからオダギリとの痛々しい2本番目がなかなか映えているのですよ。次はバック。バックはバックで感じているという様子。バック好きだもんね、この子。片足を上げさせてのバック。ひととおり突いた後は騎乗位。それもM字開脚パックリ型のやつです。そして正常位。戸田真琴に自分でチンコを入れさせるオダギリ。ここで手枷を外してあげます。そこからはスピードアップ。舌出してごらんと指示し、フィニッシュはガンシャ。優しい戸田真琴は、こんな悪いおじさんにもお掃除フェラをしてあげます。

パート3は男優ウルフ。セーラー服とスーパーデカチンです。体育館の裏に呼び出されたみたいな設定でしょうか?え?オッパイ見せてくれるんですか、マンコも?ノーパン・ノーブラですか?というオープニングです。本人もドキドキしたらしいですが、開放感があってイケナイことをした気がしたそうです。一緒に外行かない?とウルフ。ひとしきりベロチューしたあと桜の木の下にお姫様抱っこで連れて行きます。人来たらどうする?とウルフ。どうしよう・・・と戸田真琴。君このシチュエーション好きだろうwww男優ウルフ、ハードなプレイばかりが着目されますが、なかなか優しいんですよ。声出してもいいよ、とウルフ。人来ちゃうと戸田真琴。ウルフはクリ攻めを続けます。そしてオッパイ揉み始めます。あれ、1本番目より、2本番目より、オッパイ大きくなってないか?こんな綺麗な体してたら人に見せたくなっちゃうよねとウルフ。上手いなあ。ベロチュー三昧の2人。乳首を味わうウルフ。体育館に移動してきたので少し人目は避けられますが、なんとまあ、いい画です。乳首舐めとクリ攻めで腰が砕ける戸田真琴。いよいよ黄色いパンツを脱がされます。ねえ、しばらく見てていい?とウルフ。よく濡れてるの分かるよとウルフ教えてくれました。クンニ開始です。戸田真琴ガックガクです。そしてお尻を露出させ、後ろから観察です。いっぱい恥ずかしいことしてあげるよとウルフ、後ろから音を立ててのクンニです。そして指を一本挿入。ウルフほじっています。かき混ぜています。指が2本になります。汁の音がグジュグジュと聞こえます。そして攻守交代、フェラ開始なんですが、ウルフ、すごい勃ってます。とんでもない大きさです。太さ、長さ、たくましさ、もうすごいです。見てきたチンコの中で一番大きいそうです。顔に当てられた戸田真琴。なんだか嬉しそうです。太すぎて口に入らない戸田真琴。なんとか亀頭までは口の中に入れます。ちょっと苦しそうですが、若干重めのイラマ入ります。続いて竿舐め、裏筋舐め、玉舐め、そしてウルフは言います、これ、オマンコに入れてみない?鋭い叫びを上げる戸田真琴。どう?おっきいですと戸田真琴。バックからズッブズブ入ってます。オマンコ広がるレベルの大きさ。なんかウルフと戸田真琴、相性がとても良さそうなんだよね。ここで2人は場所を移動。コンクリの壁に戸田真琴を凭れさせてウルフは下から突きます。力強いチンコです。ああ、イックと戸田真琴。さっきから連発してます。結構リラックスしている感じがします。ウルフ、次は片足を上げさせバックから。そして騎乗位。屋外で騎乗位ってのも珍しい。なかなか腰の振り方がいい感じになってきましたよ。いい腰の振り方だなあ。気持ちよかったんでしょうか。ウルフは戸田真琴のお尻をペチペチした後で下から突きます。そして駅弁のまま移動です。人に見られない室内へ。まずは駅弁そして胸を開きます。そしてソファーの上での正常位、あるいは種付けプレスでしょうか。そしてソファーでの対面座位。これもいい画だ。そして一旦中断し後ろから手マン。ダラダラ潮をたらした後、またバック。しかしこんなデカいチンコ入るとか女体の神秘ってやつですよ。いい画だ。バンバンバックで突いて、最後は尻シャです。そして優しい戸田真琴はウルフさんにもお掃除フェラをしてあげます。

最終パートは3P。体操服ですよ、ブルマですよ。男優はすみません、判別できませんでした。とにかく両脇からサンドイッチして乳首から。情報共有が行き届いているというか、西中島チーム全体で「乳首行け、乳首!」という指令が徹底されているのでしょう。しかし戸田真琴、イヤらしいベロチューしますわ。男優たちはほぼ無言。方や体を預けさせて乳首をいじる男優がいれば、もう片方は戸田真琴のホットスポットであるクリトリスを攻めるというチームワーク。さてオッパイ露出です。直接触られるのが好きという戸田真琴。さてオイルはどうでしょう。オイル乳首担当とオイルクリ担当となかなかいいチームワークです。横から見ると2人ともよくチンコ勃ってますよ。両方の乳首とクリトリス。いい画です。今度は四つん這いブルマのふんどし寄せからのお尻へのオイルです。そして背中にオイル。オイルは嫌いじゃないんだろうなぁ。ここでようやくパンツ脱がせます。いい感じの毛饅頭なオマンコにオイルをかけてぽっちゃりな方の男優が中指と人差し指でほじり、かき混ぜると、大量の潮を吹きました。痩せてる方の男優とベロチューしている間、ぽっちゃりな方はまた後ろから手マンです。また大量に吹きます。とりあえず、レビューはここまでです。続きは本編をご覧になってください。

感想:下の口でちゃんと味わってる感じがしました。あの表情が戦略的にできる女優は、きっと男たちの股間を支配できるようになるでしょう。西中島監督がデビュー作を手がけた、橘梨紗のようにね。結局、今回まじまじ見て思いましたけど、やっぱりこの子はとってもイヤらしいです。

テーマ : AV紹介
ジャンル : アダルト

tag : 戸田真琴 SOD 西中島南方

2016-08-11 : 青春時代 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

スポンサード

スポンサード