FC2ブログ

アワードについてちょびっと

大方の予想通りの結果で粛々と終わった感じでした。僕は別件があって行けなかったんですが、関係各位本当にお疲れさまでした。

三上悠亜はつい最近6本目の10000超えを出した女優だし、たかしょーは8本。順当過ぎるくらい順当で、取れて良かったですねとしか言いようがないです。

明日花キララが取った意味もとても大きくて、彼女は10000超えこそ出さないけど、デビュー10年近く経過していまだにトップ女優として多くの新人女優の憧れであり続けている。僕は彼女のファンではないけど、お姫やきみかわ結衣が憧れる明日花キララが受賞したことを嬉しく思います。

羽咲みはるの受賞は「凰かなめか羽咲みはるか」というところでの激しい鍔迫り合いがあったんじゃないかというところで、羽咲みはるが競り勝ったというところでしょう。ここで話題賞が凰かなめというのはまあこれも順当でした。

僕は女優賞はいっちーに投票しました。すみませんね、僕いっちー好きなんですよwww 今年は難しかったかもです。でもいっちーはいい女です。本当に。またノミネートされることを心から祈念します。

新人賞については正直に言いますと、なぜ姫川ゆうながノミネートされてないのかというのはありまして、僕の観点と微かなズレはあるんですけどまあそれでもノミネートされるべき女優さんが漏れなくノミネートされたのが今年のアワードでした。

実は新人賞は誰にも投票するまいと思っていたくらいで、だって僕の好きなおりんさん、今後とんでもないヒット作をだしそうな栄川ちゃんがノミネートされているし、ザ・専属単体として直球アイドルやってる唯一無二のお姫がノミネートされていて、正直に言いますと誰を応援しても角が立つ状況でありました。

「この3人のうち誰か」というのがもう僕のバイアス(偏り)というやつで、今回の授賞状況からすれば、くろがね阿礼ライターの資格無いぞって話でもあります。

ただ、この3人のうち誰かっていう僕の観点は新人女優賞云々というより、広い業界を見渡してこの3人が今一番面白いという意味で選んだもので(というのは、明日花キララみたいに長寿の女優は珍しいからね)、新人女優賞というよりはこの一年で生き残った子たちの中で一番輝いていた子たちだったということなんですよ。

最終的にはお姫に僕は投票しました。彼女は必ず来年もノミネートされるでしょう。

栄川ちゃんは今年はきっとバカ売れのヒットを出すんじゃないでしょうか。彼女はツボにハマると強い子です。

おりんさんは決して器用ではないけど女優として立っている限り自分の地歩を築くことだろうと信じています。

さてアワード2018は誰が出てくるか。僕は今のところ明里つむぎがドーンと出てくると思ってますが、とても楽しみです。

来年も楽しませてください。

テーマ : 人気AV女優
ジャンル : アダルト

2017-04-23 : AVトレンド : コメント : 2 :

騎乗位色々

絶対少女 葵つかさ

葵つかさ

300円~


葵つかさのデビュー作の騎乗位はいわゆるM字開脚の杭打ち騎乗位でした。杭打ち騎乗位ってチンコをまんべんなく摩擦するやつなんで勃起力のあるマグロ男には堪らない騎乗位ではあるんですよ。

1年間掛かりでAV出演を口説いたキ・セ・キの逸材 普通の女の子がAVデビューするまでの365日密着リアルドキュメント

500円~


そして騎乗位と言えば翼ちゃん。彼女はセックスの技術が軒並み上級者だったんですが、騎乗位の素晴らしさで有名です。騎乗位の時の腹筋の使い方スゴいですよ。しかも専属単体女優らしい恥じらいも素晴らしい。

地方都市ナンパでまたまた見つけた!メーカー史上最強の腰使い!騎乗位の天才!素朴な絶倫学生りさちゃん20才AVデビュー ナンパJAPAN EXPRESS Vol.48

1,980円~


そしてナンパJAPANりさちゃん。何度か取り上げてます。彼女の騎乗位は腹筋の使い方が翼ちゃんとよく似てるんですよ。恐らく挿入感は翼ちゃんと互角。同じくらいの時間で男を射精させることができそう。

まあ翼ちゃん好きな人はきっと翼ちゃんならみこすり半で射精しちゃうと思うんですけどね。りさちゃんもスゴいですよ。

テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

2017-04-17 : AVトレンド : コメント : 4 :

TAKE-D監督と嵐山みちる監督の巨匠としての二つ名を考えてみた

僕が何の断りもなく巨匠と言うとき、それは宇佐美忠則を指します。その他の巨匠には皆さん二つ名があるんですよ。

野本義明「性欲の巨匠」
紋℃「ボディの巨匠」
キョウセイ「可愛いの巨匠」
ザック荒井「羞恥プレイの巨匠」
赤井彗星「通常の三倍の巨匠」
C:TAKERU「部屋とワイシャツと私の巨匠」

作品がハラーーーーーショ!した監督は皆さん巨匠と呼んでいますので、ZAMPA監督とか西中島南方監督とか沢庵監督とか苺原監督にも巨匠としての二つ名を考えないといけないんですが、当面連載の関連でハラーーーーーショしそうな監督というと、TAKE-D監督と嵐山みちる監督です。というわけで考えてみました。

TAKE-D監督は「センスオブワンダーの巨匠」とお呼びすることにします。彼の最大のヒットは天使もえのおしゃぶりメイドなんですが、僕の中で強く印象に残っているのは菊池空の処女喪失作品と、西宮ゆめのデビュー作でした。菊池空の作品は名作でした。僕の中で処女作品としてはぶっちぎりの傑作です。西宮ゆめのデビュー作はわざとでしょうか、すっぴんに近い化粧で秋葉原に登場させるという演出でした。アイポケ女優の格をぶち壊しにする演出でしたけどwww TAKE-D監督って生の女の子の手触りの神々しさみたいなものを大事にされる方なのかなという印象を持ちました。

嵐山みちる監督には「超現実の巨匠」の二つ名を差し上げたい。常に独特の空気感を作り上げてしまう超現実的な作風の監督です。

来月はTAKE-D監督が桜空ももと水トさくら、嵐山みちる監督が瀬野みやびでハラーショする報告ができることを祈って。

テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

2017-04-09 : AVトレンド : コメント : 4 :

売れるコンテンツの法則

かなり知られた話ではありますが、幻冬舎代表見城徹の、売れるコンテンツの法則というのがあります。

オリジナリティがあること
明快であること
極端であること
癒着があること

この4つのうち最初の3つはコンテンツの内容に関するもので、最後の1つはそのコンテンツを必要とする人がまとまって明らかに存在していて、そこに至る販路が確立されていることを意味します。

癒着があることというのは専属単体女優の場合は、そのカリスマ性に引き寄せられるファンがいること、それもひとまとまりでいることです。企画単体女優の場合は、ある特定の性癖にひもづいたファンが当該企画単体女優の得意分野に沢山いるということになりますね。

専属単体女優と企画単体女優の違いは相対的で、企画単体女優になってからそのキャラクターが上手く出せるようになり、業界において重きを置かれるようになった美咲かんなや広瀬うみのような例もあれば、企画単体女優時代にカリスマ性をまとうけとで専属契約を得た湊りくのような例もあります。ただ、本質的には製作サイドから見ると、専属単体女優には「その子」を見るためのユーザーが一塊になって出来ていくだろうという推測のもとに契約は進んでいくもので、企画単体女優の場合は、その性癖に応えられる子かどうかが重要だったりするんですよ。

だから専属単体女優が専属契約を継続できるかどうかは個々のメーカーの持っている売上その他様々な一定の閾値を超えているかによって判断されているのだろうなというのは推測できます。

コンテンツの内容の3法則はかなり悩ましいのですが、企画単体女優に有利な法則だと思います。専属単体女優の場合は、要するにとんでもない美女で、キャラクターが強力で、素晴らしいボディを持っているということが必須になります。もちろん、作品としてAVとして十分力のある内容でないと、専属とは言え通用しないということになります。

アワードでノミネートされてる専属の新人女優はたかしょー除いて4人。橋本ありな、羽咲みはる、戸田真琴、凰かなめは全てデビューから上手くエロを出せた子達で、かつファンをつかんで離さなかった子達です。

この辺り専属単体女優の仕事というものがちゃんと存在していて、彼女たちはそれをキッチリできていたが故のノミネートなんだろうなというのは思います。

お気に入り数ベースで見ても橋本ありな、羽咲みはる。凰かなめは10000超え2本、戸田真琴は1本出しています。翼ちゃんも1本でしたね。本当に強い。

この辺りについてちょっと深めてみたいなと思います。

テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

2017-03-30 : AVトレンド : コメント : 8 :

北米版DMM R18を見ていた。

http://www.r18.com/

これなんですが。シェアしたりとかコミュニティ機能はついてないみたいですね。北米でもポルノはR18なんですね。

こう、サラっと見ただけなんですが、日本におけるポルノの文脈やなんかがゴッソリ抜けていて、どこから何を選べば良いかが全く不案内という事になってる。まあ、そこはタグで探してねという話なんでしょうけど。

完全に性癖ドライブな発想。

北米人から見たらこれは迷宮というか、XVIDEOSが有料になったようなものなんだろうな。

しかし天海つばさが"older sister"って、分からんじゃないけどなあwww

テーマ : 日記
ジャンル : アダルト

2017-03-29 : AVトレンド : コメント : 0 :
« 前のページ  ホーム  次のページ »

スポンサード

スポンサード